ご予約はこちらから

軽井沢の楽しみ方・魅力

避暑地として有名な軽井沢ですが、どこにあるのか、何県にあるのか迷う方も多いのではないでしょうか。軽井沢は魅力あふれるエリアがたくさんあり、どこにあるのか迷ってしまうのかもしれません。このコラムでは、軽井沢の基本情報や、エリアそれぞれの魅力を解説します。

そもそも軽井沢はどこにある?

長野県の軽井沢にある雲場池

軽井沢は、長野県の東端に位置する高原のエリアです。自然豊かな地域で、標高は約900~1,000m。その美しい風景と、夏でも涼しい気候から外国人向けの避暑地として広まりました。
 
東京都心から新幹線や電車、車を利用してもアクセスがよく、買い物から自然散策までさまざまな楽しみ方があるのが魅力です。都心ではなかなか見られない絶景や、歴史ある建物などの観光スポットも多く、何度訪れても楽しめるエリアといえるでしょう。

軽井沢の名前の由来は?

「軽井沢」という地名は日本各地にありますが、地名の由来ははっきりとはわかっていません。
 
地名の由来について言及された研究はいくつかあり、「涸れ沢」「氷沢」「軽石沢」から転じた説や、「背負い沢」の意味である「かるひざわ」が転じた説などがあります。
 
軽井沢と同じ起源だと考えられる地名は東日本に多く、地理的な理由が名前の由来だと考えられるでしょう。

軽井沢が避暑地として知られている理由は?

軽井沢が避暑地として知られるようになったのは、明治時代以降のことです。軽井沢は江戸時代には宿場町として繁栄していました。その後、明治時代にカナダ人の宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが東京の酷暑から逃れるために軽井沢を訪れたことがきっかけとなり、外国人向けの避暑地として広まりました。
 
ショーは軽井沢の美しい自然と過ごしやすい気候に感銘を受け、その魅力を友人たちに広めました。これが軽井沢が避暑地として知られるようになった理由です。

軽井沢の気候

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(℃) -3.3 -2.6 1.1 7 12.3 16 20.1 20.8 16.7 10.5 4.8 -0.5
日最高気温(℃) 2.3 3.5 7.8 14.3 19.2 21.5 25.3 26.3 21.7 16.2 11.2 5.3
日最低気温(℃) -8.2 -8 -4.5 0.6 6.3 11.8 16.4 17.1 13 6.3 -0.2 -5.3
降水量(mm) 36.8 36.8 68.3 81 108.8 154.6 191.8 141.6 193.5 151.1 52.5 29.6

軽井沢は標高900mから1,000mの高原に位置しているため、夏は涼しく、冬は寒さが厳しいのが特徴です。
 
軽井沢町の年間平均気温は約9℃で、まさに避暑地といった気候といえます。夏には最高気温が30℃を超える日もありますが、平均気温は20℃前後。真夏でも比較的涼しい日が多く、過ごしやすいことが特徴です。夏場の旅行にはぴったりでしょう。
 
冬の平均気温は0℃を下回り、寒さが厳しい日も多くあります。ただし、冬の軽井沢は晴天率が高く、降水量は多くありません。空気も澄み渡り、きれいな星空が眺められると多くの人が訪れます。
 
また、軽井沢町には大きな工場がなく高原であるため、空気が清潔であることも魅力の一つです。

軽井沢周辺エリアの地図

北軽井沢とは?何県にある?

群馬県の北軽井沢にある浅間牧場

北軽井沢は、浅間山の北東に広がる六里ヶ原の一部で、群馬県吾妻郡長野原町西南部に位置しています。一般的に「軽井沢」といえば長野県を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、北軽井沢は群馬県です。
 
指揮者の故小澤征爾さんや、詩人・絵本作家である谷川俊太郎さんをはじめとした芸術家も魅了した別荘地として知られ、雄大な自然と美しい景色が見られます。軽井沢よりも標高が高く気温が低いため、避暑地として最適なエリアだといえるでしょう。
 
軽井沢から車を利用すれば30分ほどで行ける距離にあり、穴場スポットとして注目を集めています。家族やペットと一緒に訪れても楽しめるでしょう。

北軽井沢の気候

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(℃) -4.5 -4 -0.4 5.7 11.2 14.9 19.1 19.6 15.5 9.5 3.8 -1.6
日最高気温(℃) -0.5 0.6 4.6 11.5 16.9 19.7 23.7 24.3 19.8 14.4 9 2.7
日最低気温(℃) -8.9 -9 -5.4 0.3 5.7 10.6 15.3 15.8 11.8 5.1 -0.7 -5.9
降水量(mm) 52.4 55.5 96.4 107.9 132 180 207.5 165.2 220.2 167.8 72.2 46.2

北軽井沢は標高1000~1400mと、軽井沢よりも高い位置にあります。そのため軽井沢よりも冷涼な気候が特徴です。8月の平均気温は19.6℃。これは東京の同月の平均気温と比べると約7℃も低く、その涼しさがわかります。夏に避暑地として訪れるのがおすすめです。
 
冬の厳しい寒さですが、その代わりスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが楽しめます。また、標高の高い位置から眺める星空は格別です。雄大な自然を体感してみてはいかがでしょうか。

軽井沢エリアの楽しみ方

軽井沢には自然や観光スポットがたくさんあり、楽しみ方も人それぞれです。ここでは、軽井沢の代表的な楽しみ方を紹介します。

グルメを堪能する

軽井沢は、グルメが集まる場所としても知られています。信州の雄大な自然が育む肉や野菜などの食材が豊富で、地元の新鮮な食材を使用したグルメがたくさん。とくに軽井沢は、涼しい気候を活かした高原野菜の栽培が盛んで、お土産としても人気です。
 
また、軽井沢の澄んだ水で作られるクラフトビールは絶品。地元の食材と一緒に堪能することで、その味わいを一層引き立てます。

ショッピングを楽しむ

軽井沢は、大型アウトレットや商業施設が集まるショッピングの街としても有名です。多くの作家さんが移住しているため、おしゃれな店やこだわりのある店も点在しています。おしゃれな雑貨はもちろん、地元の自然を活かしたグルメをお土産にするのもよいでしょう。
 
軽井沢でのショッピングは、地元の風土と文化を感じながら、自分だけのお気に入りを見つける楽しみがあります。ぜひ、その魅力を体験してみてください。

歴史や文化に触れる

軽井沢には歴史や文化に触れられるスポットが点在しています。かつて宿場町として栄えた軽井沢には、風情のある建物が多く立ち並び、旅情をかきたてられるでしょう。また、外国人向けの避暑地であった歴史から教会が点在しているため、異国情緒も感じられます。
 
さらに、美術館やギャラリーも多く存在し、歴史や文化に触れる機会もたくさん。軽井沢は歴史や文化を感じ、体験するのに最適な場所といえます。

アクティビティを楽しむ

軽井沢は、さまざまな体験アクティビティ施設が豊富にあることで知られています。スポーツやアスレチックなど、子どもたちが思い切り遊べる場所が多く、家族連れにはとくにおすすめです。
 
また、そば打ち体験やガラス細工づくりなど、インドア派の方でも満足できるスポットが多数あります。アクティビティを通じて軽井沢の自然や文化に触れると、きっと記憶に残る旅になるでしょう。

わんちゃん・ペットと遊ぶ

軽井沢は、わんちゃん・ペットと一緒に楽しめるエリアとしても有名です。雄大な自然を散歩するだけでなく、一緒に陶芸体験をしたり、地元のグルメを堪能したりできます。
 
また、わんちゃん・ペットと一緒に宿泊できる施設も多く、一緒に旅行を楽しめるでしょう。軽井沢は関東圏からアクセスがよく、運転によるストレスも少なくてすむのも魅力の一つです。

軽井沢のエリア別の魅力

軽井沢はいくつかのエリアに分かれていて、それぞれに異なる魅力があります。軽井沢のエリア別の魅力を見ていきましょう。

旧軽井沢エリア

旧軽井沢エリアの魅力

旧軽井沢エリアは、その名所や観光スポットの多さから、多くの人が訪れるエリアです。その美しい風景から「美しい日本の歴史的風土100選」に選ばれており、別荘地としても人気を集めています。
 
エリアのメインスポットである「旧軽井沢銀座」は、軽井沢の代表的な観光地の一つです。夏だけでなく、一年を通して人気があります。旧軽井沢にはほかにも、お土産が買えるお店やグルメ、教会やギャラリーなど、見どころが盛りだくさん。訪れる人々を楽しませています。

旧軽井沢エリアのおすすめ観光スポット
・旧軽井沢銀座
・軽井沢ショー記念礼拝堂
・雲場池

新軽井沢エリア

新軽井沢エリアの魅力

新軽井沢エリアは、軽井沢の中でも新しく開発されたエリアです。スーパーマーケットやショッピングモール、ホテルなどの施設が整っています。とくに、広大なショッピングモールの「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」は有名です。
 
駅からのアクセスが抜群で、都内からの新幹線利用が便利なことも魅力の一つ。新しいエリアでありながら、スキー場やゴルフ場などのアクティビティも豊富です。レストランも充実しているので、グルメを楽しむのもよいでしょう。

新軽井沢エリアのおすすめ観光スポット
・軽井沢・プリンスショッピングプラザ
・矢ケ崎公園

南軽井沢エリア

南軽井沢エリアの魅力

南軽井沢エリアは、ゴルフ場や植物園、スポーツ施設、美術館や文学館などが点在するエリアです。観光スポットが多くあるため、多くの人が足を運びます。子連れで楽しめるスポットもたくさんあり、家族で満喫できるでしょう。
 
また南軽井沢エリアは、浅間山がとてもきれいに見え、自然が広がる景色が楽しめます。四季折々の景観も美しく、自然と触れ合いたい方にもおすすめです。

南軽井沢エリアのおすすめ観光スポット
・軽井沢発地市庭
・軽井沢タリアセン
・風越公園

中軽井沢エリア

中軽井沢エリアの魅力

中軽井沢エリアは、軽井沢の中央に位置する広いエリアです。中軽井沢の中でも北側と南側で分けられることが多いです。
 
北側の魅力は、なんといっても豊かな自然。軽井沢らしい風景を楽しめるでしょう。人気の観光地も多くあり、混みやすいエリアでもあります。一方南側は、軽井沢生活の要となるエリアです。その利便性のよさから、地元の住民だけでなく、移住した方が多く暮らしています。長期滞在中の買い物にも便利ででしょう。

中軽井沢エリアのおすすめ観光スポット
・ハルニレテラス
・石の教会
・軽井沢高原教会
・ピッキオ

追分・御代田エリア

追分・御代田町エリアの魅力

追分(おいわけ)・御代田(みよたまち)エリアは、中山道と北国街道の分岐地点にあるエリアです。かつて宿場町として栄えたため、歴史や風情のある街並みが残っています。資料館や神社などの歴史的なスポットはもちろん、カフェダイニングやパン屋、雑貨屋なども集まっており、さまざまな体験が楽しめるでしょう。
 
また、軽井沢から車を利用すれば15分ほどでアクセスできるのも、追分エリアの魅力の一つです。軽井沢の穴場的なスポットでもあるので、ゆったりと観光を楽しめます。

追分エリアのおすすめ観光スポット
・追分宿
・御代田写真博物館
・堀辰雄文学記念館

軽井沢周辺の穴場エリア

軽井沢からアクセスしやすいエリアにも魅力が詰まっています。軽井沢旅行の行程に取り入れるのもよいでしょう。

北軽井沢エリア

北軽井沢エリアの魅力

北軽井沢は群馬県の西部に位置する、自然が美しいエリアです。軽井沢や草津から近いものの人も多くないため、穴場の観光地といえます。最大の魅力は、その雄大な自然です。トレッキングやロッククライミング、渓流釣りなどアウトドアを満喫したい方にぴったりでしょう。
 
また、広大な開拓地を活かした酪農地帯のため、キャベツやレタスなど高原野菜の産地としても知られています。地元の新鮮な食材をふんだんに使用したグルメも堪能できるでしょう。

北軽井沢エリアのおすすめ観光スポット
・鬼押出し園
・浅間大滝
・浅間牧場
・軽井沢スノーパーク

嬬恋エリア

嬬恋エリアの魅力

嬬恋(つまごい)エリアは、群馬県嬬恋村を中心とするエリアです。群馬県西北部に位置し、キャベツをはじめとした高原野菜の産地としても知られています。豊かな自然が広がるため、都会から離れてリフレッシュしたい方におすすめです。
 
自然を活かしたゴルフ場やキャンプ場など、レジャー施設などが充実し、多くの人が訪れます。温泉地としても有名なので、体を動かしたあとに温泉で疲れを癒すのもよいでしょう。

嬬恋エリアのおすすめ観光スポット
・嬬恋パノラマライン
・愛妻の丘
・軽井沢おもちゃ王国

草津・白根エリア

草津・白根エリアの魅力

草津・白根エリアは、群馬県北西部に位置する草津町を中心とするエリアです。日本屈指の温泉地「草津温泉」で知られ、国内外から多くの人で賑わいます。温泉街の中心には湯畑があり、温泉に入ったあとに周辺を散歩するのもおすすめです。
 
温泉が有名ですが、テーマパークやアクティビティも充実しています。家族で訪れても楽しめるでしょう。

草津エリアのおすすめ観光スポット
・草津温泉
・白根神社
・白根山

軽井沢に関するよくある質問

軽井沢に行き慣れている方でも、意外と知らないこともあるでしょう。ここでは、軽井沢にまつわる質問を紹介します。

Q.軽井沢は何県にある?

A.軽井沢は、長野県に位置する地域です。
 
軽井沢は長野県北佐久郡に位置する地域です。しかし、軽井沢エリアで見ると、群馬県にも北軽井沢や奥軽井沢と呼ばれるエリアが存在ます。レジャーやアクティビティ、グルメなど、さまざまな楽しみ方がある穴場スポットなので、あわせて訪れてみてください。

Q.軽井沢で有名な特産品は?

A.信州牛や高原野菜などが有名です。
 
軽井沢は豊かな自然と、高原の冷涼な気候を活かした特産品で知られています。信州牛や高原野菜を筆頭に、クラフトビールやそばも人気がある特産品です。軽井沢にある飲食店では地元の食材をふんだんに使用したグルメが食べられるので、チェックしましょう。

さまざまな魅力が詰まった軽井沢を楽しもう!

軽井沢は自然豊かな高原に位置し、雄大な自然や文化、アクティビティなどが詰まった魅力あふれるエリアです。一般的に軽井沢といえば長野県ですが、群馬県にある北軽井沢も穴場スポットとして人気を集めています。軽井沢に行き慣れた方でも、新たな魅力を発見できるでしょう。
 
軽井沢エリアを観光する際の宿泊先には、「あさま空山望」をご検討ください。軽井沢駅から車で約40分。北軽井沢の雄大な自然の中で、スパやBBQをお楽しみいただけます。一棟貸しヴィラリゾートなので、プライベートな空間で非日常体験が味わえるでしょう。